2016年03月16日

真田家の宿敵・北条氏政って一体何者

こんばんはにゃんです。


全然ブログ更新できなくて大変申し訳ございません


現在行政書士の勉強しておりまして、中々更新できませんでした。


言い訳に過ぎませんが誠に申し訳ございません。


さて今回は北条氏政の続きを書いていこうと思います。


前回までのあらすじは今川家を救う為、北条氏政は武田家と決裂。


その後武田家に圧力をかけた所まで書きました。


今回はこの後から北条氏政を書いていきたいと思います。


家康と氏政の同盟

氏政は家康と同盟を結び武田家に対して、より強固な対抗勢力を築きます。


また東西で同盟する事で、今川氏真を強力に援護する体制を作り上げます。


徳川との同盟締結後、信玄に圧力をかけるため、かつての宿敵である上杉謙信と

同盟する為、弟の三郎を謙信の養子に入れる事に成功。


こうして上杉家との同盟を締結させます。


信玄との戦い

碓氷峠から信玄は小田原城へ侵攻を開始します。


氏政は小田原城で籠城し、攻めて来た武田軍を迎撃します。


その後氏政は撤退していく武田軍に弟氏照・氏邦らに追撃をかけさせます。


その後氏政は大軍を率いて、後詰の軍勢を率いて行きます。


こうして両軍は三増峠で戦いを開始。

武田軍の将を討ち取るなど功績を挙げますが、武田軍の赤備えなどの諸軍の奮戦に

より敗北してしまいます。


その後も信玄は伊豆・駿河方面に進出してくるが、氏政は軍勢を出し対抗します。


だが武田家に蒲原城(かんばらじょう)・深沢城などの駿河の諸将が陥落。


また父氏康が病がちになっていた事もあり、ついに駿河方面から撤退します。


信玄は氏政が駿河から撤退した事を機に駿河方面に本格的に侵攻し、

ついに駿河全域を手中に収めます。


にゃのまとめ

氏政はこうして武田家と対決姿勢を内外に示しますが、実際は本当に武田家と

対決してまで今川家を支えていたかったのか、疑問が残ります。

氏政はそんなに今川家に対して、思い入れがあったように思えません。

ではなぜ氏政は武田家に対して対決姿勢を取ったのか。

それは父氏康が原因であると思います。

彼は今川との長年の同盟があるため、今川に肩入れしたくなる気持ちも分かります。

たぶん氏康は氏政に命じ、今川家を援助せよと言っていたのかもしれませんね

今回はここまでにゃ

それじゃまたにゃ

posted by にゃ at 19:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | これであなたも歴史マニア【戦国時代編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

信繁の智謀が冴えわたったが…

こんばんわにゃんです。


途中からですが、久しぶりに真田丸見ました。


感想は結構進んでてビックリです。


2・3話見ないだけで天正壬午の乱になっておりました。


今回の真田丸は途中から見たのですが、徳川と北条が甲斐・信濃・上野を巡って

争っている場面から拝見しました。


昌幸が智謀を尽くして、北条から徳川へ乗り換えようとし、弟信伊を徳川の元に

送ります。


昌幸は信伊に信濃・甲斐の加増と沼田城の領有を認めれば、徳川の味方に付くと

条件を突きつけます。


忠勝は怒っていましたが、家康は「真田が味方に付くなら安いと判断」と言い放ち

昌幸の条件をすべて飲み、真田家を徳川の味方に付けます。


この後徳川の軍勢をどのように助けるかを相談する為、国衆を集めて会議を始めます。


この時嫡男信之は「北条の甲斐と信濃を結ぶ最重要拠点である城を取れば、

北条は甲斐と信濃が分断され、撤退せざるを得なくなるでしょう」と進言します。


国人の皆が賛同する中、一人の男が立ち上がります。


その男こそ真田信繁です。


信繁は信之と違い新たな発想を考え、提案します。


彼は北条家の重要拠点を攻めて兵を失うよりも、北条家の補給の道を絶つのが良いと提案。


そのためには手薄である小諸城を攻撃すれば、補給の道は絶たれ北条軍は危機に陥るでしょうと提案します。

この発言に昌幸や信之、国人衆も賛成。


こうして彼の作戦が採用され、思惑通り事は進みます。


氏政は真田家の戦略のせいで、新たな戦略を立てます。


この氏政の戦略により、真田家は危機に陥ります。


氏政が考えた戦略は、敵である徳川家康との和睦です。


この戦略は功を奏し、徳川家との和睦が成功します。


この和睦に驚いたのは昌幸です。


彼が徳川の味方になってたった10日で、徳川が北条と和睦をするとは思っておらず、

正に青天の霹靂でした。


にゃのまとめ

さて昌幸がまず心配になった事は上野・甲斐・信濃の領地です。


家康の味方に付いた条件として信濃・甲斐の加増を認めた事で

徳川の味方に付いたのですが、果たしてこの加増の約束は守られるのでしょうか。


次の心配は上野にある真田領沼田城についてです。


北条は上野の完全支配をもくろんでおり、真田が領有する沼田城がどうしても邪魔でした。


そのため徳川と北条が和睦した場合、この沼田城は一体どうなるのかが心配でした。


次回の真田丸の行方もかなり気になりますね。



posted by にゃ at 21:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | これであなたも歴史マニア【戦国時代編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田家の宿敵北条氏政ってどんな人

こんばんわにゃんです

最近暖かくなりましたね。

今までの寒さが嘘のようです。

このまま春になればいいですね。

さて今日は真田丸の日ですね。

最近仕事が忙しくて中々見れていないのですが、現在どんな感じになっているのか、楽しみです。

今回は北条氏政の続編を描いていきます。

北条氏政は上杉謙信を撃退した後一体何をしていたのか描いていきます。

上杉に取られた関東の諸城を取り返せ
氏政は関東から上杉軍が去ると、とられた諸城を奪還していきます。

その後、川中島の戦いで上杉軍が甚大な被害を被ると、すぐに北関東へ出陣。

北関東に存在する諸城を武田家と共に攻略します。

国府台合戦
氏政は東関東の攻略するため上総に勢力を伸ばす里見家と決戦を行います。

豪勇で謳われた里見義弘率いる里見軍にはじめは苦戦します。

しかし北条家の勇将で地黄八幡の軍勢を率いる北条綱成(ほうじょうつなしげ)率いる騎馬隊の活躍により、
里見家は次第に劣勢になり、ついに里見義弘の軍勢を撃破します。

氏政はこうして上総へ勢力の拡大に成功し、次第に関東全域に北条の領地を拡大させていく事になります。

三船山の戦い
里見家は氏政にとられた上総奪還のため、大軍を率いて侵攻を開始します。

氏政は里見家が上総に侵攻してきた事を知ると、水軍と協力して三船山へ迎撃の陣を張ります。

しかし水軍の遅延と侵攻軍に内応した将が続出したため、里見軍に敗れてしまいます。

こうしてせっかく上総を奪ったのですが、再び里見家に奪還されてしまいます。

三国同盟の決裂
今川義元が桶狭間で討たれた後、今川氏真が今川家の当主となります。

武田家は今川義元が討たれた後、駿河侵攻を企み、ついに侵攻を開始します。

北条家にも誘いの書状が来ますが、氏政は氏真救援の為、武田家との同盟を破棄します。

こうして三国同盟は決裂。

その後氏政は薩唾峠(さったとうげ)へ出陣し武田家に圧力をかけ、三河の徳川と同盟し東西から武田家を挟撃する態勢を整えます。

武田家は東西から挟撃される事を恐れ、駿河から撤退します。

にゃのまとめ
北条氏政は優柔不断な袁紹的なダメ大名だと思いきや氏康が生きている間は、
北条の領地拡大の為関東各地へ出陣し、積極的な軍事行動に出ていますね。

さて次回も北条氏政の話ですが、どのような形で北条の領地を拡大していくのでしょうか。

また真田家とは一体どのようにかかわりを持つのでしょうか。

それじゃ今日はここまでにゃ〜

それじゃまたにゃ〜。」
posted by にゃ at 18:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | これであなたも歴史マニア【戦国時代編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

真田家の宿敵北条氏政ってどんなひと

こんばんわにゃんです。
先月は約1000人の人達が私のブログを見てくれました。

あんまり更新していないのにこんなにも多くの方に見ていただけるなんて大変嬉しく思います。

ありがとうございます。

さて今月初のブログは北条氏政です。

彼は真田家と宿敵であり、幾度も戦うことになります。

そんな彼を何回かに分けて紹介していきます。

父北条氏康の跡を継ぎ党首となる
氏政は氏康の次男として生まれます。
兄新九郎が早くに亡くなったため、1559年父氏康の跡をついで北条家の党首となります。

上杉謙信の猛攻から小田原城を死守
1561年上杉謙信は関東に存在する大名を集結させ、小田原城を包囲します。
氏政は父氏康に相談すると「信玄に助けを求めよ」と進言。
氏政は父の進言を聞き、同盟者である武田信玄に救援要請を送ります。
信玄は氏康の要請に応え、川中島方面に軍を進めます。
また氏康主導で謙信率いる軍勢を撃退し、こうして小田原城の死守します。

にゃんのまとめ
氏政は氏康と一緒に飯を食べます。
彼はご飯に味噌汁を2回に分けて食べます。
この姿を見た氏康は「毎日食事をしていながら、飯にかける味噌汁の量も分からないとは、
お前で北条の家も終わりだな」とため息をつきます。
この氏康の予想は後にあたってしまいます。
今回のお話はこれでおしまいにゃ。
次回もたのしみにしててにゃ。
それじゃまたにゃ〜

posted by にゃ at 01:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | これであなたも歴史マニア【戦国時代編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

真田丸って一体なんなの

真田丸って一体何なの

こんばんわにゃんです。

最近ライターの仕事が忙しくて中々更新が出来なくてすいません。

仕事が落ち着いたので、ブログを更新していきたいと思います。

さて今回はNHKで放映されている大河ドラマ「真田丸」と題名になっておりますが、

史実の真田丸とは一体どんなものなのでしょうか。

今回は史実の真田丸について書きたいと思います。


真田丸とは一体何

さて真田丸とは一体なんなのでしょうか。

大阪城は西の部分が一番弱い個所です。

この部分は高低差が少なく、堀の幅も狭く軽々と敵兵が乗り越える事が可能です。

信繁は敵を真田丸に引きつけ、真の大阪城弱点をカモフラージュするために真田丸を

建築したとされています。

真田丸は信繁の父真田昌幸が第二次上田合戦で使った戦術である馬丸出しを利用した

砦です。


真田丸の構造

真田丸の構造は東西280メートル。

南北270メートルと広大な半円型の砦となっております。

出口は後方と両脇にあり、三方に堀と塀を作り、外側には三重の柵を敷き、

また南から来る徳川軍にのみ備えていたわけではなく、北から来る敵にも備えた

砦です。


真田丸の役目

真田丸は防備として大阪城の弱点を補っていたのではなく、

積極的に徳川軍に攻撃を行うための前線拠点的な役割を担った建造物で

ありました。


にゃのまとめ

真田丸は防備のために作られた施設だと思っていたのですが、

実は攻撃に特化した前線拠点としての役割を兼ねていた拠点であったのです。

さてNHKで放映される真田丸はどのような建造物となるのか今から楽しみですね

「こんかいのお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた楽しみにしててにゃ」

posted by にゃ at 23:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | これであなたも歴史マニア【戦国時代編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。