2016年03月16日

真田家の宿敵・北条氏政って一体何者

こんばんはにゃんです。


全然ブログ更新できなくて大変申し訳ございません


現在行政書士の勉強しておりまして、中々更新できませんでした。


言い訳に過ぎませんが誠に申し訳ございません。


さて今回は北条氏政の続きを書いていこうと思います。


前回までのあらすじは今川家を救う為、北条氏政は武田家と決裂。


その後武田家に圧力をかけた所まで書きました。


今回はこの後から北条氏政を書いていきたいと思います。


家康と氏政の同盟

氏政は家康と同盟を結び武田家に対して、より強固な対抗勢力を築きます。


また東西で同盟する事で、今川氏真を強力に援護する体制を作り上げます。


徳川との同盟締結後、信玄に圧力をかけるため、かつての宿敵である上杉謙信と

同盟する為、弟の三郎を謙信の養子に入れる事に成功。


こうして上杉家との同盟を締結させます。


信玄との戦い

碓氷峠から信玄は小田原城へ侵攻を開始します。


氏政は小田原城で籠城し、攻めて来た武田軍を迎撃します。


その後氏政は撤退していく武田軍に弟氏照・氏邦らに追撃をかけさせます。


その後氏政は大軍を率いて、後詰の軍勢を率いて行きます。


こうして両軍は三増峠で戦いを開始。

武田軍の将を討ち取るなど功績を挙げますが、武田軍の赤備えなどの諸軍の奮戦に

より敗北してしまいます。


その後も信玄は伊豆・駿河方面に進出してくるが、氏政は軍勢を出し対抗します。


だが武田家に蒲原城(かんばらじょう)・深沢城などの駿河の諸将が陥落。


また父氏康が病がちになっていた事もあり、ついに駿河方面から撤退します。


信玄は氏政が駿河から撤退した事を機に駿河方面に本格的に侵攻し、

ついに駿河全域を手中に収めます。


にゃのまとめ

氏政はこうして武田家と対決姿勢を内外に示しますが、実際は本当に武田家と

対決してまで今川家を支えていたかったのか、疑問が残ります。

氏政はそんなに今川家に対して、思い入れがあったように思えません。

ではなぜ氏政は武田家に対して対決姿勢を取ったのか。

それは父氏康が原因であると思います。

彼は今川との長年の同盟があるため、今川に肩入れしたくなる気持ちも分かります。

たぶん氏康は氏政に命じ、今川家を援助せよと言っていたのかもしれませんね

今回はここまでにゃ

それじゃまたにゃ

posted by にゃ at 19:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | これであなたも歴史マニア【戦国時代編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。